利用時の失敗を回避!工務店への依頼を成功させる基礎的なノウハウを解説

工務店に住宅の間取りや外壁等を注文する際、自分の希望するパーツや部屋が本当に自分の思っている通りの使い心地になるかどうかは、ノウハウを持って相談するかどうかにかかっています。
その為、中途半端に得た知識でプロに対して注文をすると、思わぬ後悔をしてしまう事もあります。
そういった後悔をしない為には、確実な知識と相手との信頼関係を築き、自分の思い描くイメージやしたい事を具体的に伝える技術が必要になります。

利用時の失敗を回避!工務店への依頼を成功させる基礎的なノウハウを解説

工務店に住宅に関する注文をする際、ノウハウなしに注文してしまうと、全て工事が終わった後生活してから失敗したと後悔してしまう事があります。
そういった後悔をしない為には、まずは住宅を建てた人の失敗談等を聞いてみる事です。
工務店側もプロですが、お客様を優先する事は間違いないので、こういった素材を使いたいとこちらの希望を伝えるとその通りにしてくれますが、内心ではそういった素材を使うと長持ちしないだとか、メンテナンスに費用や時間がかかるといった事はアドバイスしてくれない事もあります。
その為、こういった感じにしたいけれど実際はどうでしょうか等、話し方ひとつ意識するだけでも失敗する可能性は低くなります。

工務店との契約で特に注意すべき条項

これから工務店と契約する場合には、どのような条項に注意を固めをつけたらよいでしょうか。
工務店と契約をする場合、多くの人が使用するのはその日をなんとか住宅を建築したのならばわかるかもしれませんが、概ね費用は予想以上に高くなりがちです。
ましてや、初めて建築する場合にはさっぱり右も左も分からない状況かもしれません。
そのような中で、住宅建築をするならばやはり正確に見積もり出す見積もりを取る場合には、1つの会社だけでなく他の会社に依頼することが大事です。
この時注意をするべき事は、同じ条件にすることかもしれません。
それぞれの会社によって商品が違えば、当然金額が違ってくるためいくつかのところから見積もりをとってもあまり参考になりません。
このような細かなことも意識することが必要になります。
それに加えて、スタッフの対応なども見ておいた方が良いといえます。
スタッフによっては、十分な対応ができている人もいればそうでない人もいるからです。

工務店のスケジュールは予備日の確保も重要

工務店が行う家づくりは、ハウスメーカーが取り組む工場で生産したユニットを現場で組み立てる方法を採用しているわけではありません。
木材などの建築資材を仕入れ、これを丁寧に組み立て、一人ひとりの顧客の希望に合わせた住宅を形にしていくスタイルです。
画一的なデザインと機能を持ち合わせ、安定した製品を提供するハウスメーカーとは異なるアプローチになりますから、時にはスケジュールどおりに家が完成しない場合もあります。
また、雨天時には取り組みにくい外壁塗装工事や、台風や地震のように工事そのものに影響を与えかねない自然災害のリスクにも備えなければなりません。
したがって、工務店での家づくりには予備日を設定するのが基本になります。
予備日を設ければ、利用者側にもメリットがあります。
職人に時間的・精神的なゆとりが生じることで丁寧な仕事が期待できますし、もしも変更してほしい箇所が生じた場合にも予定を狂わせることなく対応してもらえる可能性が高まります。

工務店の見積りは相場を踏まえてチェック

自分の家が欲しい場合には、工務店にお願いをする人も多いかもしれません。
工務店にお願いをする場合には、何かをチェックしなければいけませんがそのうちの1つは見積もりになります。
これをチェックすることにより、どのぐらいの料金になるのかわかりやすいからです。
ただ、必ずと言っていいほど料金は想像以上に高いケースがあります。
よほど金銭的な余裕がある場合は別ですが、そうでない場合はあらかじめ想像よりも高くなることを考えておかなければいけません。
この場合、予算をあらかじめ説明しておくと良いかもしれないです。
例えば見積りの時おおよその相場を調べ、その相場通りの金額になるとは限らないものの、そこで一旦予算を決めていきます。
あまりでも標準的な金額から外れているものは除外されますが、そうでなければ工務店側もその依頼者の意思をしっかりと考えてくれる可能性が高いです。
そこで、その予算の中で何とか頑張ろうとするわけですが、もし安くする場合にはどのような問題があるかも考えておきましょう。
例えば、内装自体があまりよろしくない場合などが考えられます。
このような場合には、満足できない可能性があるためそれ以外の部分で予算を削るか、お金を貯めて質を良くするかのどちらかが良いです。

工務店への支払いに使えるローンとは

新築の建築では住宅ローンが利用出来ますが、これは建物が完成して表示登記が済んでから抵当権を設定できる段階で一括で支払われるもので建築中だと融資が受けられません。
そのため工事が始まると工務店へ支払う着手金・中間金については、最初に用意した自己資金から支払うしかなくなります。
ただ、自己資金が少ないとそれも難しいため、その時には工務店への着手金などはつなぎ融資を受けてから支払います。
これはローンが始まるまでの期間を無担保で借りる融資ですが、短期融資なので金利が高くて事務手数料も必要です。
つなぎ融資は、注文住宅で土地の購入から工事着手、完成までの費用を一時用立てしてもらう別枠の融資で、土地の購入費・着工金・中間金と分けて受けられます。
担保はいりませんがその分金利が高くて保証料は無料、ネット銀行だとあまり行ってなくてこれは基本的に出来上がっている住宅を購入するタイプへの貸し出しを主に考えているためで、土地を購入してそこへ建物を建築してといった注文などの場合は対象外にしてます。

著者:川嶋雅信

筆者プロフィール

愛知県豊田市生まれ。
結婚をきっかけに夢のマイホームを購入!自分の体験をもとに家づくりで重要な工務店選びについて記事をまとめました。
豊田 工務店